英語ロボット塾「インタースクール」ってどんなところ?

「インタースクール」教室とは?

インタースクール_top

紹介

「インタースクール」とは、子供の想像力を刺激して能力を開花させる教室です。

ロボットのプログラミングを導入して、コミュニケーション能力を養うだけでなく、英語を学ぶこともできるので英語の発信力を身につけることもできます。子供たちの創造力は無限大です。国際機関、政府、大手企業キャリア語学教育、通訳・翻訳育成を手がけているインタースクールだからこそのオリジナルカリキュラムが自慢です。有名私立小学校、中学校、自治体でも導入しているプログラム「子供の理科離れをなくす会」が連動しています。

特徴

論理的思考力、知的想像力、英語発信力を育成している「インタースクール」。
大きくわけて三つの特徴があります。

「グループワーク」

英語で自分の考えや意見を発信するために英語力、発信力を養っていきます。グループ内は英語でコミュニケーションをはかるため、ロボットに関連する用語が自ずと身についてきます。

「プログラミング」

自分だけのオリジナルロボットを作ることができる「自律型ロボット」を通したプログラミングなので、お子さん自身が自分で問題点を発見します。そしてその問題を自分で解決します。目標を見つけて、その問題を自分の力で解決していくことで、創意工夫ができるようになります。

「プレゼンテーション」

自分でプログラミングしたロボットを使って、英語でプレゼンテーションを行うのです。英語力、コミュニケーション能力だけでなく、人前に出て堂々と話す力を身につけることができます。

カリキュラム

Basicコース

英語パート(1時間)では、自分のロボットを説明する力、基本的な挨拶を学びます。
ロボットパート(1時間)では、プログラミングの方法のほかに、ロボットの基本動作を学びます。

Intermediateコース

英語パート(1時間)では、簡単な調べ物学習をしたり、ロボットの動きを自分で開設するなどの発表をします。
ロボットパート(1時間)では、ラインセンサーやタッチセンサーを利用した学習です。変数を使ってプログラミングを学ぶ時間となります。

Advancedコース

英語パート(1時間)では、本格的な調べ物をグループワークで行ったり、数字を使ってロボットを説明する時間となります。
ロボットパート(1時間)では、複数の方位センサー、ボールセンサーを使いながら、色んなプログラミングを行う時間となります。

それぞれのコースに導入:仕上げパート(1時間)では、ロボットのプレゼン、試合が行われます。その日に実施した英語やロボットの内容を使用します。

値段

受講料
税込み60,480円~68,040円、全部で7~8回の受講です。

ロボット教材費
税込み30,089円、体験レッスン料として税込み3,000円が必要となります。

「インタースクール」教室が人気の理由

インタースクール_2

「インタースクール」がなぜ人気なのかと言うと、ロボット塾でありながら英語も学べるというシステムだからなんですね。
ロボットプログラミング+英語教育が一体化したインタースクール。グループワーク、プログラミング、プレゼンテーション、この三つのカリキュラムによって、机の上だけでは学ぶことができない貴重な時間を過ごすことができます。

実際に子供たちが体験することで五感が研ぎ澄まされ、子供たちの好奇心に刺激が与えられます。遊んでいるような感覚でどんどん学ぶことができるわけですから、子供の「もっと知りたい」という欲求が沸いてくるのも頷けます。問題を自分から発見して、自分でその問題を解決するという自律型ロボットをプログラミングすることが、とても刺激的なのだとか。そして目標を達成したとき、達成感を味わうことができるのです。

英語教育もプラスされているので、これまでとは違う英語教育を子供たちも実感することでしょう。自分で英語を使ってプレゼンする、自発性を育むためには最大のメリットになっているようです。

各地域の教室の紹介

●東京校
東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館4F
03-5549-6910

●大阪校
大阪府大阪市北区豊崎3-20-1 インターグループビル
06-6372-7551

●名古屋校
愛知県名古屋市中村区名駅2-38-2 オーキッドビル8F
052-581-5599