子供でも組み立てられるロボットで学習するロボロボ・Club

ロボロボ・Clubとは?

ロボロボ_top

紹介

ロボロボ・Clubはロボットを使って、考える力やコミュニケーション能力を鍛える事が出来る教室です。
初歩的な内容を教える教室から本格的なロボット制御をする教室までありますので、子供のレベルに合った教室を見付ける事が出来るでしょう。
プログラミングは学業や仕事で使うものですから、子供うちに基礎から学習しておけば、子供にとってメリットとなります。

特徴

教室で使うロボットは、レゴ社とマサチューセッツ工科大学が共同開発した教育用レゴ・マインドストーム NXTです。マインドストーム NXTはレゴを使って組み立てる事が出来ますから、子供でも簡単に組み立てたり直す事が出来ます。

そして、ロボットを動かすプログラムは教育用NXTソフトウェアを使いますので、プログラムの作り方をしっかりと理解しながら、授業を受ける事が可能です。これらのカリキュラムを理解した後は、より本格的なプログラム作成が出来る教室で、授業を受ける事も出来ます。

カリキュラム

ロボロボ・Clubには、ロボロボ・ベーシック、ロボロボ・スタンダード、10歳からはじめるCプログラミング、中学生からはじめるロボットプログラミング、メカ・組立教室、スタディーノ・クラスなど、たくさんの教室が用意されています。

各教室の内容は、次のような内容です。

ロボロボ・ベーシックではパソコンで作ったプログラムを使って、ロボットを動かします。サポーターがお手伝いをしますので、誰でも参加出来る教室です。

ロボロボ・スタンダードは本格的なプログラミングが行われるために、プログラムが作れる小学4年生から中学生を対象とした教室となっています。データを計測したり、計算を行うプログラムが製作出来るようになるでしょう。

10歳からはじめるCプログラミングはNXTマインドストーム専用のNXCを用いて、より本格的なプログラミングを行う教室です。ロボットを思い通りに動かすために、プログラムの文法やロジックを身に付ける事が出来ます。

メカ・組立教室では、ロボットの組み立てなどを行う教室です。ロボットに取り付けるセンサーなどの部品を扱いますが、対象となるのが小学2年生から小学6年生なので、比較的簡単に出来る内容となっています。

スタディーノ・クラスは、スタディーノというロボットをプログラム言語Scratchで制御する教室です。自宅でも予習と復習が出来ますので、自分のペースで学習を進める事が出来ます。

ロボロボ・Clubへの参加費

●ロボロボ・ベーシックとロボロボ・スタンダード
参加費
一回4,320円(ロボット使用料含む)

●10歳からはじめるCプログラミングと中学生からはじめるロボットプログラミング
参加費
一回3,780円(ロボット使用料含む)

●メカ・組立教室
参加費
一回4,320円です。

●スタディーノ・クラス
月謝
10,000円 別途材料費が必要
スタディーノ・クラスの材料費は一年分が27000円、二年分では34560円です。

ロボロボ・Clubが人気の理由

ロボロボr_2

子供でも基礎からプログラミングの事が学べる事に加えて、本格的なプログラム開発方法まで学べる点にロボロボ・Clubの特徴があります。
ただロボットで遊ぶだけはなく、子供たちに将来役に立つような思考力やプログラミング能力などを学習させるためには、ロボロボ・Clubが最適です。

利用者の意見

ロボロボ・Clubは、子供と年齢の近い大学生や高校生も指導に加わるので、自由な雰囲気の中で学習出来ると評判です。
他の人とコミュニケーションを取りながら学習するので、引っ込み思案のお子さんでも自然と他人と会話出来るようになっています。

ロボロボ・Clubのアクセス方法

ロボロボ・Club
住所 〒231-0023 横浜市中区山下町252 グランベル横浜ビル10階
JR京浜東北線の関内駅と石川町駅から徒歩5分
みなとみらい線日本大通りと横浜市営地下鉄線関内駅からは徒歩7分
すぐ隣が横浜スタジアムとなっていますので、子供で迷う事なく通う事が出来るでしょう。