幼児から中学生まで科学が学べるサイエンス倶楽部

サイエンス倶楽部とは?

サイエンス倶楽部_top

紹介

1992年から科学実験を通しての教育を実践して来たのが、サイエンス倶楽部です。

従来のペーパーテストを中心とした教育方法だけでは、自立した人間として社会生活を送るのは難しいと考え、サイエンス倶楽部では物事を客観的に把握して課題を解決する能力を持つ事を重視しています。この自然科学の実験を通して子供たちの創造性と社会性を育てる学習方法は、会員や保護者の方たちだけではなく、学校教育の携わる人やメディア関係者にも高く評価されています。

特徴

サイエンス倶楽部では科学に関する知識を一方的に教えるような事はしませんし、実験のやり方などを丁寧に指導する事もありません。子供が自分で仮説を立てて目的と方法を考え、実際に実験を行って得た結果から考察を行うという学習方法を採用する事で、子供が主体的に考える能力を育みます。

このような学習を行う事で、子供の感性と能力を大きく伸ばす事が可能となります。

カリキュラム

サイエンス倶楽部には、子供の年齢に応じたクラスが複数用意されています。

幼児コースでは、科学に関して興味が持てるような実験を行う年中クラスと、身近な出来事を科学的に理解して行く年長クラスが受講可能です。

小学生には学年ごとにクラスが設けられていて、楽しく実験しながら科学に世界に触れられるような授業が行われます。小学生の高学年のお子さんは、考える力と問題を解決する能力が身に付くSテックコースも受講可能です。
通常のクラスと一緒にSテックコースも受講すれば、より効果的に学習出来るでしょう。

中学生にも、学年ごとのクラスが用意されています。
中学になると学校での学習内容も高度になり、きちんと理解する事が大変になりますので、サイエンス倶楽部でしっかり教えてもらう事は、成績の向上に役立つでしょう。

そして、夏休みや冬休みに行われる野外実習や、重要なテーマを徹底的に学習する特別学習などもあります。さまざまな授業が用意されていますので、お子さんが退屈する事なく科学について学習出来るでしょう。

動画

入会金・会費

入会金
20,600円
5年生の専科には必要ありません。

月謝
月々の会費もクラスごとに異なり、5,100円~13,400円

年度ごとに支払う通信費も一律3,800円ですが、施設費はクラスによって異なり6,200円~24,700円となっています。

サイエンス倶楽部が人気の理由

サイエンス倶楽部_1

五感を使った科学実験によって子供の興味や関心が大きく広がり、自分で考える習慣を付けられる事が、サイエンス倶楽部の人気の理由です。インターネットやゲームにしか関心のなかった子供たちも、サイエンス倶楽部でさまざまな実験を行う事で、いろいろな出来事に興味を持つようになっています。

利用者の感想

学校や他の習い事では、上手く学習出来ない子供でも、楽しく実験が出来ると好評です。
毎回子供が興味を持ちそうな実験が用意されているので、長期間通う子供もたくさんいます。

各地域の教室の紹介

サイエンス倶楽部は、東京・神奈川・千葉・埼玉・兵庫で、22教室が開設されています。

東京都には中野・豊洲・国立・練馬など10箇所
本部教室
〒164-0001 東京都中野区中野5-68-2中野中央ビル5F

神奈川県には横浜教室・センター北教室・藤沢教室・武蔵小杉教室・川崎教室の5教室
横浜教室
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-28-6 カーサブランカビル3F

千葉県には松戸教室・本八幡教室・津田沼教室・稲毛海岸教室の4教室
松戸教室
〒271-0077 千葉県松戸市根本14-1津田ビル2F

埼玉県
浦和教室と新越谷教室の2教室

兵庫県
逆瀬川教室
〒665-0035 兵庫県宝塚市逆瀬川1-2-1アピア1 4F