ナゼいまロボット教室が注目されているのか、その理由を徹底調査

ロボット教室について

注目_1

まずはロボット教室について説明します。

ロボット教室というのは、お子さんがロボットを使って設計などを学ぶ教室を言います。教材がロボットなので遊びながら学ぶことできるわけです。組み立てはもちろんのこと、知らない間に設計に関する知識も身についていきます。ロボットは私たちの生活の身近なところにたくさんあることに気付いていましたか? 

例えば工場はもちろんのこと、和菓子や洋菓子を製造する機械、部品を製造する機械など、ロボットがなければ今の時代の製造部門は流れが止まってしまうのです。そもそも子供はロボットが大好きです。なぜ動くのか、どうすれはもっと格好よくなるのか、方向転換させるには? もっと早く動かすには? など自分の中に生まれてきた疑問は、ロボットをいじりながら問題解決していきます。 これがロボット教室の目的でもあるのです。昔に比べると理科や算数に対して苦手意識を持つ子供が増えてきたといいます。机の上の教科書やノートを使わずに、遊びながら学ぶことを目的としたロボット教室では、子ども自身の創造力、発想力をどんどん引き出してくれるのです。

中には、マニュアルがない教室もあって、あくまでも子供にロボットを触らせることを目的にしているようです。学ぶ楽しさをはじめてお子さんが体感するかもしれません。

ロボット教室では何を学べるのか

注目_2 日本全国にロボット教室があるので、一概に「これだ」とは言いにくいのですが、どの教室にお子さんを通わせるか、教室の違いを判断材料のひとつにするといいかもしれません。
おおまかに説明すると、ロボット教室で行うのは、各年齢や学年によって学習内容が違ってきます。学習プログラムが組まれていますが、すべてその年齢にあった内容なので、子供たちがすぐに馴染めると評判です。ロボットを組み立てることの楽しさの中に、ロボットはどうやって動くのか、なぜいまロボットの存在が大事なのか、ロボットを動かすためにはどんなプログラミングを組めばいいのか、などが学べるようになっています。そのため、講師は専門知識のある方がほとんどですし、大学と連携して運営している教室もありますね。

また、ロボットを競わせる大会に出場する教室もあるようです。教室ごとに本当に様々なカラーを持っているので、お子さんがどんな学習に興味を持つか、どんなことに関心を持っているのかを親御さんが見極めて、お子さんにあった教室を選んであげてみてはいかがでしょうか。最新テクノロジー、科学技術に触れることができるのがロボット教室なんです。

ナゼいまロボット教室が注目を集めているのか

注目_3

理科や算数が苦手な子供たちが増えてきました。一度苦手意識を持ってしまうと、その意識を変えるのはなかなか大変です。テストをしても点数が上がらない、ますます勉強のヤル気がでない、これでは悪循環ですね。そこで注目されているのがロボット教室です。

なぜ注目を集めているのかというと「遊びながら学ぶことができる」からなんです。机の上で教科書や参考書をめくるのも確かに勉強になりますが、理科や算数は机の上だけで学べるものではないみたいですね。子供の能力を開花させるためには、子供の好奇心をくすぐることが大事です。ロボットを作ったり動かすことが理科や算数の勉強になるなんて、おそらくお子さん自身も親御さんも信じられないかもしれません。しかし、ロボットを操ることで普段使わない脳が刺激されることで、眠っていた能力が開花するわけですね。遊びの延長が学びになっているので、飽きずに集中することができます。

少人数制のグループで学ぶスタイルなので、コミュニケーション能力も鍛えられます。みんなの前で発表する機会も多いので、度胸もつくようです。ロボット教室には学力重視型、能力開発型、英語教育型など色んな特徴があるので、お子さんにあった教室を選んであげましょう。