ロボット教室やサイエンス教室は他の習い事と並行できる?

並行 「水泳も習っているけど、ロボット教室も平行して通わせることができる?」
「塾で忙しいけど、サイエンス教室は負担にならない?」

のように、不安や疑問を持つことがあると思います。

そこで、ロボット教室やサイエンス教室が週に何回、何時間通う必要があるのか、また宿題など自宅での作業は必要なのか。などを調べました。

人気のロボット教室やサイエンス教室の通う日数や時間について

人気のあるロボット教室、サイエンス教室は月に何日、何時間やっているか知っていますか?
今の習い事と同時に通えるかの参考にしてください。

「ヒューマンアカデミーロボット教室」
ロボット教室 月2回、1時間30分/1回
理科実験教室 月2回、1時間30分/1回
※開校日は各教室によって異なる

「トゥルース・アカデミー」
ブロック・サイエンス 月4回、50分/1回
リトル・ダヴィンチ理数教室 月4回、50分/1回
ロボット・サイエンス 月2回、90分~120分/1回
ロボット・プレマスター 月2回、120分/1回
ロボット・マスター(サッカー) 月1~3回、3時間~6時間/1回
ロボット・マスター(レスキュー) 月1~3回、3時間~6時間/1回

「ロボット科学教育 Crefus(クレファス)」
週1~3 1時間から1時間30分

「ロボティクスラボ」
月2回 2時間

「サイエンスアカデミア」
平日のサイエンスα、ディスカバリーパーク(月3回コース)  1時間30分
平日のロボプロZ(月1回コース)  1時間30分
土曜日のサイエンスα、ディスカバリーパーク/ロボプロZ(月1回コース)  1時間30分

「レゴスクール」
通常コース 週1回、50分/1回
ワールド・オブ・ロボティクスII 月2回、1時間30分/1回

「ロボロボ・Club」
ロボロボ・ベーシック 月1回、3時間
ロボロボ・スタンダード 月1回、3時間
10歳からはじめる Cプログラミング 月3回、2時間/1回
中学生から始めるロボット・プログラミング 月1回、2時間
メカ・組立教室 月1回、3時間
スタディーノ・クラス 月2回、1時間30分/1回

「栄光ロボットアカデミー」
月2回、1時間30分

「ロボ団」
大阪堺校 Jclub 月2回、3時間/1回
     Sclub 月2回、3時間/1回
     JSclub 月4回、1時間30分/1回
     Teach LAB 月2回、合計4時間30分
大阪梅田キャンパス 月回 3時間/1回
東京NHKテコラスキャンパス 月2回、3時間/1回

「ジーニアスクラブ」
月2回、2時間/1回

「インタースクール」
Basicコース4月~7月、Intermediateコース8月~11月、Advancedコース11月~3月
それぞれのコース、全部で7回、3時間/1回

「ベネッセ サイエンス教室」
幼児年中コース、月1回、1時間
幼児年長コース、月2回、1時間
小学1~年生コース、月1回、2時間

「サイエンス倶楽部」
年少クラス、月1回、1時間30分
年長クラス、月1回、2時間
小学1年クラス、月1回、2時間
小学2年クラス、月2回、2時間/1回
小学3年クラス、月2回、2時間30分/1回
小学4~6年クラス、月1回、3時間
中学生クラス、週1回、2時間

ロボット教室、サイエンス教室の日数と授業時間を平均すると月に2回、1回の授業が1時間30分程度になります。
もちろんコースなどによって様々なので、すべて当てはまるわけではありませんが、そこまで子供の負担にはならないように思います。

一般的な習い事と比較してみよう

一般的な習い事はどのくらいの日数で授業時間なのでしょうか。
調べてみると以下のようになりました。
「学習塾」
週2~3回、1時間/1回

「スイミング」
週1~2回、1時間/1回

「ピアノ」
週2~3回、30分~60分/1回

「英語」
週1~2回、30分~90分/1回

「サッカー」
週2~3回、1時間~2時間/1回

「絵画教室」
週1回、2時間30分

「体操教室」
週1回~3回、50分~1時間

「書道教室」
週1回~2回、1時間~1時間30分

「そろばん」
週1回~3回、1時間

「バレエ」
週1回~3回、1時間~2時間/1回

「武道」
週1回~3回、1時間<

他の習い事への影響は少ないと考えられる

並行_2

内容を見てお分かりのように、ロボット教室やサイエンス教室へ一ヵ月に通う回数、一回辺りの授業時間は、他の習い事に影響がでるほど負担になっていないようです。どちらかというと、ロボット教室・サイエンス教室へ通う頻度のほうが少ないようなので、これまで通っていた習い事が他の子供より遅れをとってしまうということはないでしょう。

人よりももっと知識を身につけていくためには、やはり人が遊んでいる間に学ぶことが重要になってきます。ただし、すでにご存知の通り、ロボット教室やサイエンス教室は「遊びながら学ぶこと」ができるため、子供たちの中には「勉強をさせられている」という感覚がありません。遊びの延長線上に学びがあるので、子供たちに精神的ストレスはないと安心して良いと思います。